広島の墓 |お墓のテラセキのページ! 
墓石、全行程一貫生産。広島県内で最大級の墓石工場、テラセキ本社を訪ねて。
広島でお墓なら、製造直売のテラセキが安心、直売ならではのメリットをお確かめください
テラセキの広島型お墓の例








墓を広島で製造する、テラセキの購入調査
ここが知りたい、広島のお墓事情
地元広島で作る、広島の墓です
お墓を短い納期で
お墓を出来るだけ安く
お墓の製造工程をチェックできる
お墓の製造、途中変更にも対応



町では石屋さんの数が減り、販売や据付けだけを行う墓石やさんが増えてきた現在、テラセキは一貫生産設備を頑なに守ってきました。お陰さまで広島県内では10000基近くもお墓をご納入させて頂いております。 製造直売ですから、変更やオプションにも柔軟に対応!原石の仕入から、各種加工、据付けまで一貫して行いますので、同級のものでも割安感があり、安心出来る製品を提供させて頂きます!


寺岡石材工業の墓石工場ライン。
   質問  広島のお墓の事情…価格など聞かせてください

   本日は、ホームページにご訪問くださいまして真にありがとうございます。

近年多くの墓石屋さんは、人件費や設備の拡張に対応出来ず販売業に転じてこられました。「墓石を製作しています」というお墓屋さんも本音は、据付けだけで製造は外注に頼っておられる企業がほとんどとなって参りました。

私どもは頑なに広島での石屋を一貫しています。産地に出向いて石材を仕入れ、持ち帰って裁断して、細かく部品ごとに彫刻や磨きを施しています。手間は大変掛かりますが、製造元では思い通りのものが安く完成させて頂くという特徴があります。

広島のお墓を作るテラセキでは、運搬、裁断、彫刻、磨き、狭所での据え付けなどトータルで最新鋭の技術を持っています。直売なので中間マージンは不要ですから、仕上がりに比べて安く上がっているとの声も多く好評を頂いています。
ダイヤモンドの歯を持つ直径2メートルのカッター鋸(のこ)や一度に5基の墓石が磨ける研磨機、文字を刻字するロボットなど、ぜひ一度ご来社の上でお確かめくだされば幸甚でございます。
私どもは、お客様のご見学を常に歓迎させていただいております。

   質問  寺岡さんにとって物作りとは……なんですか

一言で真心でやっています・・と云うのは簡単なのですが、「物作りのこころ」は決して生半可ではありません。

実際に広島墓の製作を行っておりますと、どの程度の手間を掛けるかというタイミングに突き当たります。と申しますのが、1年も掛けて良いものを製作するというよりも、どこまで予算内でサービスができるかを考えることが優先されます。
怖いのは、職人に手を抜く癖が付くと、代償として著しく技術が低下していくものです。むしろ予算内で、どこまで手を加えることが出来るか。原材料費は致し方ないとしても、製作する現場では労力や技術は一手間加えることが必要と考えています。

職人といえば、江戸初期の国宝作家でもある職人「左甚五郎」さんの作品に向かう姿勢に思いを馳せます。長い間構想を練り、その実現のために力を注いでいく情熱には、人智を越えた崇高さが見受けられます。
私どもは、とても甚五郎さんには及びませんが、責めて昨日よりも一歩進んだ完成品のイメージを描き、一彫り一彫り物作りに取り組んでいます。お陰様でお客様のご信頼は、調査結果にあるようにリピーターの多さ、ご紹介の多さが物語っています。テラセキは近代的な加工機器に囲まれていますが、暖かいアナログの気持ちを忘れずに、広島の墓づくりに取り組んでいます。

   質問  最近、中国で生産された墓の話を……聞くのですが

世界のビジネスは、スピード感が増しています。日本国内で産出される希少な伊予大島石や庵治石には及ばないとしても、広い地球上には、似たような原石はあるだろうという前提でお話ししましょう。
私どもでは、良い物を安くお客様に提供したいという目的から、中国国内の信用ある石材製作企業と提携しています。もう15年近くになりますが、定期的に現地を訪問。確かな目で原石や石材を吟味して製作を指導した一時期もありましたが、現在ではイメージ通りの製品が出来上がることに成功しています。万一、船積みの際に破損などが生じても、メーカーである弊社では即座に代品の補充や再加工などで対応できますのでご安心いただけます。
世界は、ますます垣根が低くなり文字通りグローバルになることは避けられません。いかなる時でも、世界に誇る正確で緻密な日本の加工技術があればこそ海外の人たちを使いこなせる訳で、営業だけの経験ではとてもこうは行かないことを確信しています。最高級の国産石は、国内仕入れで製造直販をし、また安いニーズには中国の現地で確認した石材で現地生産。これらの両輪により、お墓の製品のバリエーションと申しますか、安い物から高級な物までの品揃えを行っております。

   質問  100年補償はやらないのですか

ブランドのような役割で100年墓石と云われる場合があります。
千年墓石と云っても良い様な軽い使い回しです。購入者本人の存命中には百年保証と銘打っている業者もいますが、購入者が仮に40歳としたら、百年後には140歳です。また一般論として株式会社の平均寿命は30年という節もあります。いずれにしても、私どもは企業が長く存続することが大切だと思っています。
日本で100年前といえば、明治から大正に代わった頃ですが、その頃の企業が現在何社残っているでしょう。100年補償という広告表示は、弊社では紛らわしいので行いません。

石の寿命は100年なんてものではありません。古代ギリシャの石像建築をご想像頂ければお解りだとおもいます。100年経過してもお墓は壊れません。田舎の旧墓には江戸時代のお墓が至る 処に残つています。

  頑丈な基礎工事について教えてください



耐震工事は、標準価格内で施工させて頂きます。
伹し、頑丈すぎる耐震工事を行うと後々困った問題が生じることがありますので十分ご検討ください。
簡単に移設ができなくなるので、お墓を撤去する場合に手間が掛かり費用が割高になることもあります。また、墓園によっては 深い掘り込みや鉄筋などが禁じられている場合もあります。更に、地震や地滑りなどで墓地全体が陥没したり、傾斜する場合がありますが、この場合も却って面倒になることがあります。
 水はけが良くない場合、地盤が軟弱で不安定な場合などは、遠慮無くお申し付けください。工事費は無料です。



  質問  お墓の役割についてエピソードがあれば…

お客様から聞いた「お話し」をさせて頂きます。
「孝行したい時には親はなし」とか申します。人は色々な人からの何某かのご恩を受けていますが、中々ご恩という物は 返せる物ではないそうです。気が付いた時には、他界しておられる、このような ご経験を持っ方も多いでしょう。

私どものお客様ですが、その方は若い頃にある大手企業の役員であった方から、大変なお世話になりご恩を受けられたそうです。 ところが後年、年賀状の返信でその役員の方が亡ぐなられていたことを知らされました。その方に云わせると、ご恩を受けたままでもどかしい気持ちをお持ちになったのですね。
後悔の念に駆られた末に、その方は解決法として恩人の奥様から、お墓の場所を教えて貰ったといいます。それから10年、毎年のご命日には夫婦揃って、かってご恩を受けた恩人のお墓にお参りに行かれ、近況をご報告 されています。このお話しはこれまでですが、何と清々しい、お礼のありかたではないでしようか。
親、子供、恩人、祖父、妻、友人…これに似たお話しは皆様もお持ちではないでしようか。楽しい時にも苦悶のときにも 清々しくお参りして、お花を手向け、お礼を述べる。人はお墓によって救われることもあるんだなとしみじみ感じさせていただきました。



広島の墓づくりをテーマに集まった熟練者たちです。本社製造スタッフ・据付けスタッフ、販売スタッフ、PC専門職
(役員除く社員数 15名)


入社当初は、営業職からスタートした人も多くいます。
私たちはお客様の気持ちが、身にしみて解りますので、出来るだけ清々しい笑顔でお迎えしております。

お気軽に広島本社にもお立ち寄りくださいませ。
広島のお墓、加工 広島のお墓、原石
本社工場に持ち帰られた原石は、直径2m余りのダイヤモンドカッターにより採寸ごとに切断
していきます
伊予大島石(愛媛県)、庵治石(香川県)、矢掛石(岡山県)など石の産地から長年、直接仕入れを行っています

裁断されたパーツは、何日も掛けて入念に
加工されやがて曲線が描かれていきます


研磨工程により美しい艶が生まれます


データ入力された文字は
マスク化されます
   
刻字ロボット、<ビーコム>が正確に文字を彫っていきます。この他にサンドブラスト(手彫り)を使用することもあります
完成した墓石は.すべて正確な検品を受けます






耐震効果を考慮して敷石は一枚石。
TOPの写真にございますように様々な重機
を装備して、墓石の据え付けを行います

耐震用に石芯を内部に通します。極端な耐震基礎工事は、後々移設の時に問題が生じる場合があります。工事費は無料ですが、慎重にご検討ください。
据え付けは、最後にお題字を外し、全体を清掃して完了します

 
 
 日本石材産業協会々員・広島市職員互助会特約店
 広島県知事許可(般-23)第33793号
 株式会社テラセキ/寺岡石材工業株式会社
 本社/広島市安佐北区飯室4439〒731-1142
 フリーダイヤル0120-4114-58
 電話082-835-3572FAX082-835-2600
 営業所/吉田・可部・飯室・五日市・石内中央墓苑
 広島市役所9階売店





下記は、インタビュー記事になる前の詳しい原稿です。



    ズバリ、海外からのお墓の輸入についてご感想を聞かせてください
我が国の伊予大島石や庵治石に及ばないとしても広い地球上ですから、似たような石は産出されるという前提でお話ししましょう。 宜しいですか。例えばアメリカや南米から原料を輸入する場合も、何らかの不安はつきまといます。勿論、中国からの輸入に際しても送ってくるまでは、何を送ってくるか分からないという不安はある訳です。石というのは、原石とサンプルの見本とは異なります。 つまり、木にも木目があるように、石にはもっと繊細な石目があり、サンプルを切り取るヵ所によって粗目や模様が変わってくるのです。
私どもも約15年ほど前から、中国の墓石の実情を視察しています。その結果、とても電話やネットで発注という訳には、行かない環境であることを重々承知しています。まして、加工品などになりますと、巻き石や灯籠なども中には接着剤などで繋ぎ合わされていた…という話もたまに聞くことがございますので、ある程度はリスクを考慮しての取引になります。物作りへの心構えや価格変動、色々な意味で中国からの輸入は頼りすぎると不安定要素を含んでいます。何が起こっても、私どもは墓石のメーカーです。施工の現場で再加工で補うことも、ある程度可能でしょう。一番大切なことは、お客様への満足とその裏返しに生じる、私どもへの信頼です。世界に誇る日本の技術と石材、墓石のメーカーである私どもには益々責任を課せられています。



     それではテラオカさんの物作りへ考え方、スタンスはどう云ったものでしょうか

もの作りは、構想を練るモチーフの段階で目標の高い低いによって大いに影響を受けます。
例えば、江戸初期の職人の左甚五郎は不眠不休で何ヶ月もの間、製作に打ち込む訳ですが、腕の悪い職人から見ればとても引き合わないと感じる筈です。 では、左甚五郎さんは天才だけで色々な大仕事をやり遂げたのでしょうか。私は、それだけではないような気がするのですね。仕事の構想を練る膨大な時間、またその仕事に向かう時の情熱の差、仕上げへの不納得からやり直した数、類まれな集中力など、まず一般からかけ離れた執念と努力が数々の作品に傾けられたと思うのです。
 もちろん私どもは、甚五郎さんのレベルには及ばないのですが、仮に一段階上の製品を作るつもりで製作すると、自ずと良い作品が出来上がるという原理を大切にしています。つまり目標を一段階上げるのですね。完成したお墓は、そのままカタログになりますのでいい加減な気持ちでは作れません。手を抜くと目先の利益は出るかも知れませんが、代償として技術力が低下してきます。良い製品を作り続けると、技術力は常に向上して来ます。近年は文字を彫るにもコンピュータとロボットを使用して、砂のドットで美しい文字を刻みます。また、研磨も切断もすべて大型機械を使用し、制御はすべてプログラミングします。ただ、そこに脈々と流れている物は、常に昨日よりも良いものを作りたいという熱い情熱です。



    最後にテラオカは、これからどこへ向かうのかを聞かせてください
これ迄ひたすらに、製造直売のシステムでお墓を納めさせていただきました。 弊社の強みは、長年勤務してきた優秀な熟練社員数と能力の厚み、それと県内では最大規模と目される工場設備、またTOPページにあるような重機類や大型バスを含む運搬器具など、すべての機能でご要望にお応えします。伝統的な日本のお墓は、特に郡部では今後も揺るぎない需要はあるものの首都圏では集合自然墓の登場に見られるとおり、様々な変革も予想されます。
私どもは、「人はお墓によって救われる」という気持ちを大切にして、安らぎの源になるようなお墓作りに勤しんで行きたいと思います。またお墓は厳然として私どもの核ですが、実績をもとにJR可部駅前の石工事や可部城墓苑の移設工事、各種記念碑、神社石材工事などこれまでの経験を生かして翼を拡げて参りたいと思っています。どのようなことでも、ご相談ください。